法律における罰則規定

法律違反した際の罰則規定

罰則規定のない法律について

あまり知られていませんが世の中には罰則規定のない法律もあり、その例として自転車防犯登録を挙げることができます。確かに自転車防犯登録をしていたら色々と便利なことがあり、警察にとっても盗難車かどうか確認できるのでとても助かります。しかし自転車防犯登録に関しては、法律では定められているのですが罰則の規定についてはないので罰金を支払われることはないのです。ただ確かに罰金を取られることはないのですが、道義的な問題として考えれば自転車防犯登録はした方が良いと言うことになります。このように法違反を犯したからと言っても何かの罪に罰せられることはない場合もあると言うことは知っておいた方が良いと思います。

法律に関する罰則の適用と有効性

社会生活の中では全ての人が法律を厳守しているわけではありませんし、多くの人はある程度の違反をしながら生活しています。法定速度以上のスピードを出して車を走らせた経験は多くの人があるでしょう。当然、違反をすれば罰則が設けられています。車の運転でスピード違反や信号無視などをすれば違反点数が付き罰金も取られるのは道路交通法があるからです。しかし、全ての法律に罰則が設けられているわけではありません。それではその点に関してはいくら違反をしても良いのかというとそうではなく、例えば裁判所を通じて紛争になる場合には違反をしていれば問答無用で不利になります。

↑PAGE TOP

Copyright © 法律違反した際の罰則規定 All rights reserved