罰則規定のない法律

法律には罰則がないものも

法律は罰則の有無で分かれる

世の中には色々な専門分野がありますが、素人目線では非常に分かりづらいのが法律関連でしょう。六法全書やその解説書などは、完全に専門家向けに記述されており、素人が勉強のためにと、購入してもその内容を正しく把握する事は出来ません。法律にはそもそも2タイプがあり、罰則がある取り決めとペナルティがないルールに大別されます。この点が素人目線では大変分かりづらく、優しい解説書でも正しく説明されていません。いわゆる罰金や実刑が課せられる問題と、ルールに明記されているものの、俗にいう努力義務に留まる取り決めがあり、また後者のルールは形骸化している事もあり、その区分が一般人の目からは分かりづらくなっています。

法律違反で具体的罰則があるもの

法律には違反すると罰則を受けるものがあるため、知っておいた方がそれを受けるリスクを回避できるのでおすすめです。特に、刑事法の分野が多いですが、交通法規のように行政法規にも、違反すると罰金を科せられるなどの罰則の定めがあります。交通ルールを守る必要があることは誰しもが認識していますが、具体的にどういった規定が法律に置かれているのかを具体的に知っておいた方が、それを守ろうという気になれます。こういったことについてまとめている本は書店に置かれていますし、簡単にインターネットで調べることができるため、知っておくべき事項です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 法律違反した際の罰則規定 All rights reserved